‘大会の模様’ カテゴリーのアーカイブ

大会最終日の模様

2009年11月23日 月曜日

新チャンピオン誕生

DSC_3655

小林 海咲(SQ-CUBE PRO)

この日、日本スカッシュ史上初となる十代のチャンピオンが登場した。
小林 海咲(SQ-CUBE PRO)選手が鬼澤こずえ(Point)選手を 8-11, 11-8, 11-3, 11-0 で下し、松井千夏(LAND)選手のもつ24才109日を更新する、19才311日での日本チャンピオンに輝いた。


福井裕太二連覇

DSC_3223

福井 祐太(セントラル一社)

福井 裕太(セントラル一社)は、この一年で急成長した机 伸之介(SQ-CUBE PRO)を 8-11, 11-7, 11-4, 11-8で下し、二連覇を達成した。


準決勝は高円宮妃殿下が観戦

_KOM2177

名誉総裁高円宮妃殿下

チーバくんが国体をアピール

_KOM2178

千葉国体マスコットのチーバくん

大会三日目の模様

2009年11月23日 月曜日

選手権女子 本戦二回戦

第9シードの池田 宏美(セントラル新浦安)は、第8シードの西尾 直子(OEC)を破り、自身初の全日本ベスト8となった。また、去年の全日本ベスト8同士の対戦、第7シードの山崎 真結(SQ-CUBE Academy)と第10シードの酒井 佑季(北里大学)の対戦は、酒井がファイナルゲームにもつれこんだ試合を制した。

DSC_0879

池田 宏美(セントラル新浦安)

DSC_1093

酒井 佑季(北里大学)

選手権男子 本戦二回戦

第7シード佐野 公彦(OEC) と第10シード田山 健司(SQ-CUBE PRO)の対戦は、ファイナルゲーム、タイブレークまでもつれこむ接戦となったが、佐野が勝利を手にした。

DSC_1288

佐野 公彦(OEC)


選手権 準々決勝

第4シード清水 孝典(SQ-CUBE PRO) と第5シード岡田 賢(同志社大学大学院)の戦いは、緊迫感が漂う熱戦となったが、清水が準決勝へと駒を進めた。

_KOM2064

清水 孝典(SQ-CUBE PRO)


三日目を勝ち残った選手はディフェンディングチャンピオンの福井 裕太(セントラル一社)、松井 千夏(LAND)を初めとして、第1-4シードの4人となった。

DSC_1795

福井 裕太(セントラル一社)

DSC_1544

松井 千夏(LAND)

大会二日目の模様

2009年11月22日 日曜日

選手権予選決勝

小林 僚生(SQ-CUBE Academy)が全日本選手権が予選-本戦形式になって以来男子としては初となる中学生での本戦進出を果たした。

_KOM0928

小林 僚生(SQ-CUBE Academy)


選手権一回戦

宮川 将(関東学院大学)は15シードの伊藤 鉄平(iBEXスポーツ) 、大谷 えい子(J-men)は12シードの横田 真由美(セントラルスポーツ) と対戦し、ともに最終ゲームまでもつれこむ接戦を制し、上位シードを破り二回戦に進出をした。

DSC_0361

宮川 将(関東学院大学)

_KOM1383

大谷 えい子(J-men)


大会名誉会長で施設オーナーの丹埜 倫(Sunset Breeze)は、連日の過酷なスケジュールの中、選手としても出場して、二回戦に進出した。

_KOM1113

丹埜 倫(Sunset Breeze)

大会初日の模様

2009年11月20日 金曜日

初日は、ジュニア大会で資格を得たジュニア選手の活躍が見られた。
特に、10歳で予選一回戦を勝ち上がった渡邉 聡美(SQ-CUBE Academy)と、二回戦を勝ち上がった小林 僚生(SQ-CUBE Academy)・遠藤 共峻(ティップネス宮崎台)の活躍が顕著であった。

_KOM0712

渡邉 聡美(SQ-CUBE Academy)

_KOM0736

遠藤 共峻(ティップネス宮崎台)

_KOM0756

小林 僚生(SQ-CUBE Academy)

会場のサンセットブリーズ保田は、選手と応援の観客で熱気にあふれていた。

_KOM0829_KOM0818